NEWS

沢井製薬株式会社が、プラミペキソール塩酸塩錠0.125mg/0.5mg「サワイ」について、「効能・効果」および「用法・用量」の追加承認を取得したことを発表しました。これにより、先発品との適応不一致が解消され、先発品と同様に使用できるようになりました。

効能・効果

1.パーキンソン病

2.中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)

用法・用量

1.パーキンソン病

通常、成人にはプラミペキソール塩酸塩水和物として1日量0.25mgからはじめ、2週目に1日量を0.5mgとし、以後経過を観察しながら、1週間毎に1日量として0.5mgずつ増量し、維持量(標準1日量1.5~4.5mg)を定める。1日量がプラミペキソール塩酸塩水和物として1.5mg未満の場合は2回に分割して朝夕食後に、1.5mg以上の場合は3回に分割して毎食後経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減ができるが、1日量は4.5mgを超えないこと。

2.中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)

通常、成人にはプラミペキソール塩酸塩水和物として0.25mgを1日1回就寝2~3時間前に経口投与する。投与は1日0.125mgより開始し、症状に応じて1日0.75mgを超えない範囲で適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて行うこと。
6 件