NEWS

塩野義製薬株式会社が、オンコセラピー・サイエンス株式会社(OTS社)から導入したがん特異的ペプチドワクチンS-588410について、食道がん患者を対象とした第3相臨床試験において、主要評価項目である無再発生存期間(RFS)の延長を達成できなかったことを発表しました。

今回の試験は、食道がん患者を対象にS-588410の術後補助療法としての有効性を検証することを目的とした第3相プラセボ対照二重盲検無作為化比較試験です。

がんが再発するまでの期間であるRFSを主要評価項目として評価した結果、S-588410群とプラセボ群との間でRFSの有意な差は認められませんでした。

副次評価項目のひとつである細胞傷害性Tリンパ球(CTL)誘導に関してはS-588410投与により高い誘導率が確認されました。また、主な副作用は注射部位の皮膚反応であり、重篤な皮膚反応は認められていません。
2 件