NEWS

国立研究開発法人 国立がん研究センターとカルナバイオサイエンス株式会社が、あらたな抗がん剤の創出を目指し、共同研究契約を締結したことを発表しました。


この契約において、国立がん研究センター研究所 がん幹細胞研究分野 増富健吉分野長らの研究グループが見出した新規の創薬標的に関して、カルナバイオサイエンスが保有する高い創薬研究能力を駆使し、新しい作用機序で優れた抗がん作用を有する新薬開発を目指して共同研究を行います。



これまでに国立がん研究センターとカルナバイオサイエンスは、2008 年からWNTシグナルを標的としたキナーゼ阻害薬の共同研究を実施しており、その成果をあげてきましたが、今回の契約においても、画期的な抗がん薬を開発し、一日も早くお届けするために、より緊密に共同研究を進めていく予定となっています。
2 件