NEWS

NEC×仙台白百合女子大学×富谷市

NECが仙台白百合女子大学と人工知能(AI)技術を活用して脳血管疾患の発症・重症化リスクを予測する行動研究を開始したという。

この研究では、NECの最先端のAI技術群である「NEC the WISE」の一つの学習技術と仙台白百合女子大学の鈴木寿則准教授の公衆衛生学における知見を組み合わせて匿名化された特定健康診査のデータなどから脳血管疾患の発症・重症化リスクを予測できるようになることが目標という。

政策に活かされる

今回の研究は、宮城県富谷市の協力で研究が進められ、富谷市から過去2年間分のデータ提供を受け、2017年の3月から研究を開始した。

NECと仙台白百合女子大学はこの研究の成果について富谷市の保険事業の政策立案に活用するという。

NECはAI事業をはじめとしてICT技術の活用でヘルスケアサービスの向上に取り組んできており、今回の事業もその一環と言われる。
5 件