NEWS

ブライトパス・バイオ×理化学研究所

ブライトパス・バイオ株式会社と国立研究開発法人理化学研究所は、共同研究契約を締結したことを発表しました。

この契約に基づきブライトパスと理研は、理研の統合生命医科学研究センターが進めるNKT細胞由来のiPS細胞から再分化誘導したNKT細胞を用いた新規他家がん免疫療法(iPS-NKT 細胞療法)の技術開発と臨床応用に向けたプロジェクトに参画します。

このプロジェクトは、理研が中心となって日本医療研究開発機構(AMED)再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点に採択された「NKT細胞再生によるがん免疫治療技術開発拠点」プロジェクトと理研創薬・医療技術基盤プログラムのプロジェクトとして進められているものです。ここでは、頭頚部がんを対象とする医師主導治験が2019年度中を目処に開始される計画です。

NKT細胞ががん細胞を破壊する?

NKT細胞は、がん細胞を殺傷する能力を持つと同時に、他の免疫細胞を活性化させるアジュバント作用をもつ免疫細胞です。活性化すると、多様なサイトカインを産生し、自然免疫系に属するNK細胞の活性化と樹状細胞の成熟化を促します。

成熟した樹状細胞は、更に獲得免疫系に属するキラーT細胞を増殖・活性化させることで、相乗的に抗腫瘍効果が高まります。また、自然免疫系を同時に活性化させることで、T細胞では殺傷できないMHC陰性のがん細胞に対しても殺傷能を持つことがポイントです。

上述のような高い抗腫瘍効果が見込まれるNKT細胞ですが、ヒト末梢血中T細胞のうち0.01%-0.1%しか存在しないために、患者自身のT細胞を用いるキメラ抗原受容体遺伝子改変T 細胞療法(CAR-T)などと異なり、体外に取り出し治療に必要な細胞数まで培養・増殖させることが非常に難しいという課題がありました。

そこで理研は、統合生命医科学研究センター古関明彦免疫器官形成研究グループディレクターを中心に、この課題を解決する方法として、iPS細胞技術によってNKT細胞への分化能力を持つ多能性幹細胞を無制限に増殖させた後、NKT細胞へ分化誘導することで、治療に十分な質と量、均一な機能と均一な量のNKT細胞をタイムリーに供給することを目指す研究を進めてきました。
5 件