NEWS

テルモ株式会社が、皮膚に貼るタイプの強オピオイド鎮痛薬『フェンタニルクエン酸塩1日用テープ「テイコク」』(5規格)を、全国の医療機関に向けて発売しました。テイコクは、フェントス®テープの後発医薬品で、帝國製薬株式会社が製造販売元となっています。

フェンタニルクエン酸塩1日用テープ「テイコク」は、中等度から高度の痛みを伴う各種がんにおいて、痛みを和らげる目的で使用します。テープを患者さんの腕や胸・腹部等に貼ると成分が皮膚から吸収され、持続的に全身の痛みに作用します。

近年、がん領域では、化学療法などの治療行為に加えて、患者の痛み・倦怠感・精神的苦悩などを考慮して、多角的に診療する「サポーティブケア」が重視されています。テルモは、疼痛緩和製品のみならず、栄養食品や抗がん剤曝露防止システムなど、がん治療に関する製品の充実を図ってきていました。
2 件