NEWS

LINK-Jついに始動!産官学連携でイノベーションを促進

2016年6月3日、三井不動産株式会社とアカデミア有志を中心に、一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)が設立された。日本橋エリアを拠点としライフサイエンス領域におけるイノベーションを促進し新産業創造を後押しする意図で活動を進めていくようだ。

京大・阪大・UCサンディエゴをはじめ最先端の研究を行う国内外の大学や機関の入居が決定している「日本橋ライフサイエンスビル」、日本医療研究開発機構(AMED)創薬支援戦略部の東日本統括部が拠点を置く「日本橋ライフサイエンスハブ」、ライフサイエンス系ベンチャーが入居する「日本橋ライフサイエンスビル2」の3拠点を中心に展開される。
日本橋ライフサイエンス・イノベーション推進事業の3つの拠点

日本橋ライフサイエンス・イノベーション推進事業の3つの拠点

理事長には慶應義塾大学の岡野栄之医学部長、副理事長には大阪大学大学院医学系研究科の澤芳樹研究科長が就任した。LINK-J運営諮問委員会には、理化学研究所理事 松本洋一郎氏や京都大学iPS細胞研究所 所長の山中伸弥氏を始めとする産学を結ぶ13名の識者も参画している。

京都大学iPS細胞研究所 所長山中伸弥氏から以下のコメント(一部抜粋)が届けられた。

「今回設立されたLINK-Jは、ライフサイエンスの様々な分野において、これまでにない新たな産業を生み出すための触媒であり、研究成果の社会還元を加速する重要な役割を担うものと考え、私も運営諮問委員会の特別委員として参画しました。
研究のイノベーションを引き継ぐ、実用化のイノベーションの推進役となることを大いに期待しています。」
http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2016/0603/#comment

日本橋が医療のシリンコバレーに?!新たな歴史始まる

ライフサイエンス領域は現在、様々な側面でイノベーションに直面している。再生医療やゲノム医療、医療情報のビッグデータ化・・・もはや、一つの領域だけでは解決することのできない課題も増えている。医学等の基礎研究のみならず、ITや人工知能、ビジネスといったあらゆる領域が力を合わせ、分野を超えて融合することによりイノベーションの誘発を促進することができる。
今回、LINK-Jの始動において注目すべき点に、ライフサイエンスという一般に敷居が高くなりがちな分野において、異分野間の交流を極めて促進しやすくするためのネットワークの提供と環境づくりがあげられる。

7月より会員募集が始まるLINK-Jメンバーには、交流連携の場であるシンポジウムやセミナー等への参加や、育成・支援事業として起業家と投資家のマッチング・支援プログラムの機会などが提供される。
また、国内の研究機関のみならず、ライフサイエンス領域で先行する米カリフォルニア大学サンディエゴ校とも提携し日本橋ライフサイエンスビルに拠点を置くことが合意された。さらに、750社・団体が加盟するライフサイエンス産業の大規模会員組織「バイオコム」との提携も決定し、海外とのネットワークを拡大し日本の最先端研究との融合を図ることで、世界水準のイノベーションを活性化する狙いだ。
 (5949)

江戸時代から薬問屋の中心として発展してきた日本橋。現在も400社ものライフサイエンス関連企業が集積しその面影が感じられる。
今回、LINK-J始動に伴い、日本橋が医療のシリコンバレーとなる第一歩として、新たな歴史が始まる予感と熱気が感じられる。
 (5952)

10 件