NEWS

ノバルティス ファーマ株式会社が、慢性特発性血小板減少性紫斑病(以下、ITP)と診断されている患者と家族向けに、メディカルノート社と協働したWebサイトでの「ITPお悩みチャットボット」サービス、および、Welby社と協働し、同社開発のプラットフォームを活用した「WelbyマイカルテONC」サービスを開始しました。

以下この2つの新サービスで毎日の体調の自己管理と、医師との良好なコミュニケーションの促進をサポートします。
①ITPお悩みチャットボット
②WelbyマイカルテONC

ITPは、血液中の血小板の数が10万/μL(マイクロリットル)以下に減少する病気で、難治性疾患の一つです。日本での患者は約2万人であり、毎年新たに3,000人の方がITPと診断されています¹。

ITP患者の中には血球・症状が落ち着き、頻繁に通院する必要がなくなる方もいます。このような患者は、通院の負担は減少する一方、医師とのコミュニケーションの機会も減少するため、日常生活の中で疑問や不安が解消できない事が課題となります。

特に新型コロナウィルスの影響下では、日々の小さな体調の変化をみずから見逃さないように管理することが、症状を安定させるためにこれまで以上に重要となっています。

このような患者の悩みに応えるために開発された「ITPお悩みチャットボット」では、これまでは通院時にしかできなかった様々な質問を医師に聞くことが可能になります。

患者各人が、都合のいいタイミングで、質問や不安に対して医師監修済の回答を得ることができ、精神的な負担の軽減や、気軽なサービスの活用で主体的に治療に向かう効果が期待されます。

また、Welby社のPHR(Personal Health Record)プラットフォーム「WelbyマイカルテONC」を利用したスマートフォンアプリの新サービスにおいては、患者は日々の生活の中でだるさや内出血、頭痛など気になる症状をアプリに入力することができ、通院時、医師はアプリ内の記録を元に、日々のデータと症状の関係性などを把握しやすくなります。

今後2つのサービスについて、利用者の声を集めながらサポートツールとしての意義の検証を行い、利便性の向上に向けて改善を図る予定とされています。
2 件