NEWS

北海道大学と塩野義製薬株式会社が、両者の共同研究により見出した「下水中の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を含むすべてのウイルスおよび細菌の高感度検出技術」に関する独占的ライセンス契約を締結したことを発表しました。

今回のライセンス契約により、塩野義製薬は、この技術の独占的実施権を取得し、北海道大学に対して、契約一時金、およびサービス開始後の販売額に応じたロイヤリティーを支払うことになります。

SARS-CoV-2感染者の糞便中には、発症の前段階からウイルスが存在する可能性が指摘され 、アメリカやオランダでは、施設や都市の下水に含まれるSARS-CoV-2を定期的にモニタリングすることで、流行状況の早期検知や収束判断などを行っています。

日本においては、アメリカやヨーロッパの一部の国・地域と比較して、人口当たりのSARS-CoV-2感染者数が少なく、下水中のSARS-CoV-2濃度が低いため、都市の下水からウイルスを検出するためには、感度の高い検出法が必要とされていました。

北海道大学と塩野義製薬は、2020年10月に共同研究契約を締結し、下水中のSARS-CoV-2の高感度検出技術開発の共同研究に取り組んできました。

2021年4月からは、この技術を活用し、大阪府の協力のもと、下水処理場の流入下水を使用した、流行状況のモニタリングに取り組んでいます。また、塩野義製薬では、下水疫学調査の社会システム構築を目指し、株式会社島津製作所との業務提携に向けた協議も進めているとのことです。
2 件