NEWS

島津製作所がマルチオミックス解析のパッケージを提供開始

島津製作所は、ガスクロマトグラフ質量分析計や液体クロマトグラフ質量分析計で得られるプロテオミクス、メタボロミクスやフラックス解析の膨大なデータを自動でマップに表示することで、様々な解析を行うことが可能になる「島津マルチオミックス解析パッケージ」の無償提供を始めたことを発表した。
マルチオミックスは、遺伝子やたんぱく質、代謝物の物質変化を統合的に解析し、ヒトや細胞などの生命活動を解明するライフサイエンスの最先端研究で、創薬や診断、バイオ燃料研究など多くの分野での活用が見込まれている。

島津製作所の得意な質量分析計

島津製作所が得意とする質量分析計は、マルチオミックス研究にとって重要な機器で、質量分析の超高速化がすすむ中で、近年、データ量が膨大になり、解析工程が研究の障害となっていた。多数の代謝物やたんぱく質の量的変化データから、1つずつグラフを作成し、代謝マップにまとめる作業は、十数時間から数十時間を要することもある。

今回の島津製作所のマルチオミックス解析パッケージを使用した場合、作業時間を数分間に短縮でき、手動での煩雑な解析作業が不要になる可能性があるとされている。

大阪大学との協働

島津製作所は今回のパッケージに関して、2014年12月に大阪大学に設置したオープンイノベーションラボ「大阪大学・島津分析イノベーション共同研究講座」を活用した共同研究の成果のひとつ。

このパッケージで複数のガジェットを組み合わせることで研究に最適なワークフローを構築した大阪大学大学院情報科学研究科の松田史生准教授は、「今回のパッケージは、煩雑で長時間を要した代謝計測データの可視化作業を簡便にしました。質量分析計から得られるビッグデータから、有用な情報や知識を取り出すデータビリティが向上します。研究現場の生産性が上がることで研究者は解析結果の解釈に集中でき、新たな価値の発見や創造につながります」と話した。

Shimadzu Multi-omics Analysis Gadget Pack Installation Guide

Shimadzu Multi-omics Analysis Gadget Pack Installation Guide
9 件