NEWS

エーザイの「レンビマ」

 エーザイ株式会社が、抗がん剤「レンビマ®」(一般名:レンバチニブメシル酸塩)が、英国国立医療技術評価機構(National Institute for Health and Clinical Excellence、NICE)により公表された最終評価報告において、成人での放射性ヨウ素治療抵抗性の進行性又は再発の分化型甲状腺がん(乳頭がん、濾胞がん、ヒュルトレ細胞がん)への治療薬として推奨されたことを発表しました。

 この推奨により、「レンビマ」の適応における使用に関して、英国国民保健サービス(National Health Service England:NHS England)から償還を受けることになります。

どうのような評価が下されたのか?

 NICEの評価プロセスにおいて、レンビマは、プラセボと比較して無増悪生存期間(Progression Free Survival: PFS)を統計学的に有意に改善するとともに、全生存期間(overall survival:OS)を延長させることが示されていると評価されました。
その結果、レンバチニブが手術や放射性ヨウ素治療後の進行性又は再発の分化型甲状腺がんに対する数少ない治療オプションの一つであると論評されています。

 レンビマは、欧州において2015年5月に「成人での放射性ヨウ素治療抵抗性の進行性又は再発の分化型甲状腺がん(乳頭がん、濾胞がん、ヒュルトレ細胞がん)」の適応で承認を取得し、2015年6月に英国で発売が開始されました。

さらに、レンビマは、欧州において2016年9月に「血管内皮増殖因子(VEGF)を標的とした薬剤の前治療歴を有する成人での進行性腎細胞がんに対するエベロリムスとの併用療法」での適応拡大の承認を取得し、本適応症に関して「Kisplyx®」の製品名で発売しています。レンビマは、腎細胞がんに係る治療薬として、2017年12月にNICEより推奨されています。
5 件