NEWS

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング×関西医科大学

富士フイルムグループの株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングが、学校法人関西医科大学から、先天性巨大色素性母斑を対象とした新たな臨床研究に用いる母斑組織の高圧処理を受託することを発表しました。

今回実施される臨床研究は、関西医科大学 形成外科講座 森本尚樹准教授らの研究チームが実施するもので、高圧処理により不活化した母斑組織と、自家培養表皮「ジェイス」を患者に移植して治療を行います。

再生医療製品「ジェイス」

不活化した母斑組織を真皮層、「ジェイス」を表皮層に移植することで、母斑細胞が真皮の深い部分まで存在し標準的な治療法では完治できない患者の治療を目的とされています。

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングは、医薬品医療機器等法に基づく再生医療等製品の製造管理及び品質管理の基準(GCTP)を満たす製造設備を持ち、国内初の再生医療等製品である「ジェイス」と、自家培養軟骨「ジャック」を製造販売してきました。

今回、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングは自社製品の開発・製造・販売で蓄積したノウハウと確立した製造・品質管理システムを活かして、関西医科大学から受託した母斑組織の高圧処理を行う。今後、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングは、この臨床研究に用いる高圧処理した母斑組織だけではなく、「ジェイス」も合わせて関西医科大学に提供していくとしています。
5 件