NEWS

グラクソ・スミスクライン(GSK)とCureVac N.V.が、1つのワクチンで複数の新たな変異株に対処する多価ワクチンというアプローチにより、COVID-19に対する次世代mRNAワクチンを共同開発するため、1億5,000万ユーロの新たな提携を発表しました。

GSKは2021年、CureVac社の第一世代COVID-19ワクチン候補CVnCoVについて、最大1億回分の製造も支援することになります。

今回のあらたな独占的共同開発契約により、GSKとCureVac社は、多価ワクチンおよび単価ワクチンを含む、多くの新規mRNAワクチン候補の研究、開発ならびに製造に、リソースと専門知識を提供します。

今回の共同開発の目的は、さまざまなSARS-CoV-2(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス-2)の変異株に対するより広範な防御を提供し、将来出現するおそれのあるあらたな変異株に迅速に対応できるようにすることです。薬事承認を前提とする2022年のワクチン実用化を目指し、直ちに開発を始めます。

第一世代COVID-19ワクチンの有効性を低下させる可能性のある変異株が次々と出現していることから、パンデミックの一歩先を行くためには、あらたな変異株に対するワクチン開発の取り組みを加速させる必要があります。
次世代COVID-19ワクチンは、これまでワクチン接種を受けていない人、もしくは1回目のワクチン接種で獲得したCOVID-19に対する免疫が時間の経過とともに低下した場合のブースターとして使用できる可能性があります。

さらに今回は、COVID-19をはじめとする複数の呼吸器系ウイルスの感染を予防するための新規mRNAワクチン開発に関する評価も行われます。


今回の共同開発は、現在第IIb/III相臨床試験が進行中のCureVac社の第一世代COVID-19ワクチン候補CVnCoVの開発技術と、強力な免疫応答、製造のしやすさ、2~8℃という標準的な低温物流下での安定性を確保するためにmRNAを最適化するCureVac社の技術力を活用し、行われます。また、適正な免疫応答を示す低用量のmRNAを使用した多価ワクチンの設計には、CureVac社のプラットフォームが用いられます。
2 件