NEWS

株式会社リボミックと東京大学・井上純一郎特命教授、東京大学医科学研究所アジア感染症研究拠点の合田仁特任准教授らのグループが、アプタマーのウイルス感染阻害効果の評価に関する共同研究契約を締結したことを発表しました。

リボミックは、COVID-19の原因ウイルスSARS-CoV-2 のスパイク(S)タンパク質に結合するアプタマーを複数特定し、さらに、その一群のアプタマーについては、Sタンパク質と宿主受容体ACE2との結合を阻害する活性を持つことを確認されていました。これらの候補アプタマーについて、培養細胞を用いたin vitro試験においてウイルス感染阻害効果を評価することが、今回の共同研究の目的とされます。

共同研究のパートナーとなる井上教授らのグループは、シュードタイプウイルス[註]やSARS-CoV-2ウイルスを用いた細胞評価系を保有しており、ナファモスタットが新型コロナウイルスの感染阻害に有効であることを報告する等、十分な実績と専門知識を有しています。

註:シュードタイプウイルスは、取り扱いが比較的容易なウイルスの粒子表面上に異なるウイルスの表面タンパク質等を作らせた遺伝子組み換えウイルスであり、偽型ウイルスとも称されます。
2 件