NEWS

MSDとアステラスが糖尿病治療薬の承認取得

MSD株式会社とアステラス製薬株式会社が、共同で開発を行ったDPP-4 阻害剤シタグリプチンリン酸塩水和物(製品名:ジャヌビア®錠)とSGLT2阻害剤イプラグリフロジンL-プロリン(製品名:スーグラ®錠)の配合剤である2型糖尿病治療薬「スージャヌ®配合錠」について、2型糖尿病を効能・効果として厚生労働省より製造販売承認を取得したことを発表しました。

スージャヌ®配合錠は、MSDが製造販売する日本初の選択的DPP-4阻害剤ジャヌビア®錠とアステラス製薬が製造販売する日本初の選択的SGLT2阻害剤スーグラ®錠の有効成分を配合した1日1回1錠の経口剤です。

スージャヌ®配合錠は、選択的にDPP-4を阻害する

スージャヌ®配合錠は、選択的にDPP-4を阻害し、活性型インクレチンを増加させることによる血糖依存的な血糖低下作用と、選択的にSGLT2を阻害し、腎臓でのブドウ糖再取り込みを抑制することによるインスリン非依存的な血糖低下作用を示す異なる二つの作用機序を有し、服薬アドヒアランスの向上と長期にわたる安定した血糖コントロールの維持・改善に寄与することが期待されます。


スージャヌ®配合錠は、シタグリプチンとイプラグリフロジンを併用した時と生物学的に同等であると示されています。

第Ⅲ相試験は、イプラグリフロジン使用中の患者へのシタグリプチン追加投与試験、シタグリプチン使用中の患者へのイプラグリフロジン追加投与試験およびシタグリプチン使用中の患者へイプラグリフロジンを追加投与する長期併用試験を国内において実施しており、これらの試験によりスージャヌ®配合錠の有効性と安全性は確認されていると言う。
5 件