NEWS

順天堂大学研究チーム、パーキンソン病とカフェインの関係を解明

順天堂大学大学院医学研究科・神経学(脳神経内科)の藤巻基紀大学院生、斉木臣二准教授、服部信孝教授らの研究グループが、パーキンソン病患者の血清中のカフェインとカフェイン代謝産物9種が、パーキンソン病診断のバイオマーカーになりうると明らかになりました。


この研究成果はパーキンソン病の簡便・低侵襲な診断精度向上に寄与するとともに、体内への吸収方法を改善・工夫したカフェイン投与による予防や治療の可能性に繋がるものと期待されます。当該研究は、米国科学雑誌「Neurology」のオンライン版(日本時間2018年1月4日)で公開されました。

パーキンソン病?

パーキンソン病は有病率が10万人あたり140人に上るわが国で2番目に多い神経変性疾患で、運動に関する症状(手足・首が震える、手足がこわばる、転びやすくなる)が徐々に進行することが特徴的とされています。

最近の研究より、パーキンソン病患者の中脳黒質神経細胞数の減少が、上記症状発現の少なくとも10年以上前から進行していることが明らかになっており、できるだけ早期にその予兆を見つけ、治療介入する「先制医療」の重要性が示唆されていました。


一方、2002年頃からカフェインの適切量(コーヒー1日1〜2杯程度)の摂取がパーキンソン病発症予防効果を示すことが複数の疫学的研究によって示唆されていましたが、メカニズムは分かっていませんでした。


そこで、順天堂大学の研究グループが、実際に疾病を発症したパーキンソン病患者で、カフェインがどのように吸収され、どのように代謝されているかを研究することで、そのカフェインの作用を解明する手がかりになると考えたとされています。まず、実際のパーキンソン病患者の血清を調べた結果、血中のカフェイン濃度が低下していることが突き止められました。


また、今回の研究では、パーキンソン病患者のカフェイン代謝変化の全体像に迫るため、さらに病期・重症度との関連をカフェインとその代謝産物全てに拡張して評価し、併せて代謝酵素遺伝子の関与を調べることにより、それらのパーキンソン病診断バイオマーカーとしての有用性が検討されました。
5 件