NEWS

大日本住友製薬株式会社のアメリカ子会社であるボストン・バイオメディカル・インクを通じて、がん領域において、研究力を誇るアメリカ・コロンビア大学、ハーバード大学、ウィスター研究所の3施設とがん領域における研究提携契約を締結したことを発表しました。

大日本住友製薬グループは、今回の契約に基づき、2019年9月から最大5年にわたり、3施設とともに、種々の治療法における各施設の専門的知識を活用してがんに関する新規創薬ターゲットやプラットフォーム技術を共同で研究します。具体的な研究テーマについては、今後、協議のもと決定されていきます。

大日本住友製薬グループは、がん領域を研究重点領域の一つと位置付け、日米のアカデミアやベンチャー企業とのネットワーク型創薬を推進しています。

また、がん研究の最先端エリアであるアメリカ・マサチューセッツ州ケンブリッジにGlobal Oncology External Innovation Hubを設置し、外部提携活動を強化しました。
2 件