NEWS

アステラス製薬株式会社、田辺三菱製薬株式会社と第一三共株式会社が、オープンイノベーションの一環として、ドラッグリポジショニング化合物ライブリーを用いた新たな疾患治療薬の探索プログラム「JOINUS」(ジョイナス:Joint Open INnovation of drUg repoSitioning)を共同で実施することを発表した。
「JOINUS」プログラムでは、アステラス製薬、田辺三菱製薬、第一三共の三社は、臨床試験または前臨床試験を実施後に開発を中止した化合物からなる化合物ライブラリーを構築した。これをドラッグリポジショニング化合物ライブラリーとして、プログラムに応募した国内研究機関に提供し、in vitro評価系を用いて評価されることになる。
一般に、ドラッグリポジショニングは、薬の再活用という概念で当初とは異なる適応を見出すことを目的とし、扱われる化合物は既承認薬や開発中止品など多岐にわたるとされるが、「JOINUS」プログラムでは発売までいたらなかった化合物を、新薬として開発し直すことをめざしている。
これまでアカデミアに提供していた化合物ライブラリーは、化合物の構造多様性を考慮し、薬理活性や安全性が確認される前の化合物を含め幅広く集めたものとされてきた。

今回のライブラリーは、すでに非臨床試験で薬理活性が認められており、基本的な安全性も確認されているため、新しい薬効評価系で活性が認められた場合には、従来の創薬と比べ、短期間で臨床試験まで進められることが期待される。
アステラス製薬、田辺三菱製薬と第一三共は、この構築したドラッグリポジショニング化合物ライブラリーを用いて国内研究機関とのオープンイノベーションを推進することで、新たな疾患治療薬開発の可能性が向上することをめざしている。
6 件