NEWS

アステラス製薬株式会社は、子会社Universal Cells, Inc.を通じて、がん領域の細胞医療製品の開発に特化したAdaptimmune Therapeutics plc.と、がん患者を対象とした新たな多能性幹細胞由来の他家T細胞医療製品の共同開発・商業化に関する契約を締結しました。

今回の契約に基づき、アステラス製薬とAdaptimmune社は、最大3つの標的分子に対して、特異的に作用する新しいT細胞医療製品候補を共同開発します。この共同開発では、Adaptimmune社が確立したあるいは開発中の、特定のがん抗原とヒト白血球型抗原(HLA)の複合体を認識する親和性向上T細胞受容体(Tcell receptor:TCR)、がん細胞のHLA型に関わらず特定のがん抗原を認識するHLA非依存TCR(HLA-independent TCR:HiT)、および特定のがん抗原を認識するキメラ抗原受容体(Chimeric Antigen Receptor:CAR)を同定・検証する能力のほか、フィーダー細胞を使用せずに多能性幹細胞からT細胞を分化誘導する技術を活用することになります。

アステラス製薬は、これらと、Universal Cells社が有するユニバーサルドナー細胞と遺伝子編集技術を組み合わせることで、免疫拒絶を抑えた革新的な他家T細胞製品の創製、開発ができると期待しています。

Adaptimmune社は、多能性幹細胞からT細胞を分化誘導させる独自の技術を開発していました。Universal Cells社とAdaptimmune社は、2015年、T細胞領域におけるユニバーサルドナー細胞に関する独占的ライセンス契約を締結し、共同で遺伝子編集TCR‐T 細胞医療製品の研究を推進してきました。今回の契約は、既存の共同研究を拡大するものです。
2 件