NEWS

エーザイ株式会社が、2020年7月27日から31日にバーチャルで開催されるアルツハイマー病協会国際会議(Alzheimer's Association International Conference: AAIC)2020において、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体BAN2401の最新データを含む合計9演題を発表することを発表しました。

BAN2401については、プレクリニカル(無症状期)アルツハイマー病(AD)を対象とする臨床第Ⅲ相試験としてあらたに開始したAHEAD 3-45試験の臨床試験デザインについて口頭発表されます。また、早期ADを対象として実施した臨床第Ⅱ相試験(201試験)について、現在進行中の非盲検継続投与(OLE)におけるアミロイド関連画像異常(ARIA-E(浮腫))の発生率の解析および脳内Aβに関する最新データを発表します。

レンボレキサント(オレキシン受容体拮抗薬)について、アルツハイマー型認知症に伴う不規則睡眠覚醒リズム障害(ISWRD)を対象とした臨床第Ⅱ相試験の長期安全性と有効性の結果について発表を予定しています。

最新データの発表に加えて、エーザイ主催のサテライトシンポジウム「アルツハイマー病の連続する病勢進行(AD Continuum)の複雑な背景を分類するA/T/N/xシステムの開発 ―臨床診療と治療法開発の最新および将来の展望―」の開催を予定しています。三名のAD研究者、かつ臨床医であるDr. Jeffrey Cummings(座長)、Dr. Cliff Jack、Dr. Kaj Blennowに、AD ContinuumにおけるA/T/N/x分類システムの重要性と概念的枠組みについて、包括的な話題を提供していただき、この分類システムを用いた臨床診療と治療法開発の将来の展望について議論を行います。

2020年7月にアメリカ食品医薬品局(FDA)に対するアルツハイマー病治療薬としての生物製剤ライセンス申請を完了したアデュカヌマブについては、バイオジェン・インクから臨床第Ⅲ相試験EMERGE/ENGAGEのトップラインを改めて口頭発表します。
2 件