NEWS

医療機器メーカーのエチコンと手術アプリのTouch Surgeryが提携

 (7143)

世界的医療企業ジョンソン・エンド・ジョンソンの子会社である、医療機器メーカーのエチコンは、手術のシミュレーションアプリを開発しているTouch Surgeryとの提携を発表した。(https://www.touchsurgery.com/announcement/ethicon/ )

この提携で、Touch Surgeryがアプリに、エチコンの製品がアプリに組み合わされる。これによって、実際に人で手術を行う前に、アプリ上でエチコンの製品を使い、非常に実践的な形で手術を経験することができる。

iOSでのみ提供されているアプリでは、75以上の施術が用意され、リアルな3D映像で、切開、縫合、インプラントなどの様々な工程をポップアップで表示される説明を見ながらトレーニングできる。このTouch Surgeryのアプリは、世界規模で手術の技術を高めるために考案されたもので、手術の知識に乏しい地域から、名門大学の医学生まで幅広い層を想定している。

Touch Surgery - Intro - YouTube

今回の提携で、エチコンの製品がアプリに組み合わさったことよって、実際に人で手術を行う前に、アプリ上でエチコンの製品を使い、非常に実践的な形で手術を経験することができる。

EthiconのチェアマンであるMichael del Prado氏は今回の提携について、「我々は、自社のイノベーションの速度を加速させ、こうしたTouch Surgeryとのコラボレーションを通じ、医師のトレーニングを、より良いものにしていくことで、世界規模で手術の水準を向上させることを目指している。」という。「これは我々の世界規模でのイノベーションへのアプローチを体現したものであり、患者の治療を向上させられる、教育における強固なエコシステムを発展させる課程において、非常に重要な一歩だ。」

また、Touch Surgeryの共同創業者で、CEOのJean Nehme氏は発表文で、「医師になるには、知識に加え、技術を学ばなければならない。どうやって切るかなどは学べるが、同時にその【切る】作業と、一連の工程が含意するものも学ぶ必要がある。そのために、Touch Surgeryは、どこをいつ切り、またいつレトラクトするかといったことを、単に【切る】という技術を超えて、より実際の手術に近い形で、ユーザーに教えることができる。」と語っている。

Touch Surgery - can this app help train surgeons - YouTube

Touch Surgery - can this app help train surgeons - Touch Surgery - can this app help train surgeons -Touch Surgery - can this app help train surgeons
7 件