NEWS

ゲノム変化に規則性

長浜バイオ大学の池村淑道客員教授ら研究チームが、エボラウイルスやMERSといった人類の脅威となる感染症を引き起こすウイルスを探索し、ゲノムの変化に規則性があることを発見した。この発見により「核酸医薬」のような次世代の薬品として期待されている。薬効持続性が高い薬品開発が一気に加速する可能性がある。この研究の論文は『Nature』の姉妹紙である『SCIENTIFIC REPORTS』で紹介された。

撲滅不可能なウイルス

エボラウイルによる病やインフルエンザ、中東呼吸器症候群(MERS)といった人類にとって脅威とも言える感染症はゲノムにRNAと言われるものを持つウイルスが引き起こすとされている。RNAを持つウイルスは非常に変異しやすく、持続性のある薬品の開発が難航していた。さらに、これらのウイルスは宿主が発症せずに感染している場合があり、ウイルスそのものを撲滅することは不可能と考えられている。

次世代医薬

長浜バイオ大学の研究チームは、コウモリをギニアで感染が開始した後に、隣国のリベリアやシエラレオネへと感染を拡大するエボラウイルスの採取日ごとに調査する中で、規則性を発見した。この規則性に基づけば、RNAウイルスのへ人の傾向がある程度は予測できるようになり、次世代医薬が誕生する可能性があるという。
7 件

関連記事