NEWS

京都大学の山中伸弥教授が、世界で初めてiPS細胞をマウスで作製したと発表して10年。

iPS細胞は心筋・神経・肝臓・血液を始めとする、あらゆる細胞に分化する能力を持つ万能細胞であり、培養器内で大量に増殖することができる。
この特性から再生医療への応用が期待され続けており、“世界初の臨床実用化”を目指して、世界中で一刻を競い合う研究が展開されている。

本人の細胞から他人の細胞を使う方向へ…

今現在、もっとも進展が望まれていると言って過言ではないのが『ストック事業』という、あらかじめiPS細胞を作って保存しておく仕組みだ。

本人の細胞からiPS細胞を作る『自家移植』には拒絶反応が起こらないという利点がある一方で、iPS細胞を作るまでに時間がかかり、コストが高くつく、品質が一定しないというマイナス面が存在する。

実際2014年に行われた、目の難病患者本人のiPS細胞から作った網膜シートを本人に移植する初の臨床研究においては、1例目は経過も含めて順調だが、2例目は遺伝子の変異により、がん化の危険性が浮かんだことから、手術は見送られている。
 (7162)

そこで、健康かつ拒絶反応などが起きにくい特殊な免疫タイプの人の細胞を使い、iPS細胞を作り置きしておこうというのが『ストック事業』。
他人の細胞を移植する『他家移植』になるため、拒絶反応のリスクが少なからず存在はするものの、品質が安定し、コストは『自家移植』の1/5程度に抑えられるという。

ただし、『ストック事業』を成立させるためには特殊な免疫タイプの人を効率よく見つけ、細胞を提供してもらわねばならない。

この課題を克服すべく、前出の山中教授が所長を務める京都大学iPS細胞研究所(CiRA:サイラ)では、日本骨髄バンクや日本赤十字社と連携。ドナー登録者らに協力を呼び掛けるとともに、遺伝子変異が少ない新生児の臍帯血を活用することも視野に入れているという。

採取が容易な尿からiPS細胞を作る新事業がスタート

そんななか注目に値すると思われるのが、尿の細胞からiPS細胞を作る『iPS 細胞作製受託サービス』だ。
バイオベンチャーのリプロセル社(神奈川県・横浜市)が7月末にスタートさせた。

iPS細胞はヒトの皮膚や血液から作製するのが一般的だが、これらは医療機関でしか行えないため、時間や場所に大きな制限がかかる。と同時に、採取時には多少の痛みを伴う点でも、対象者に多くの負担がかかる。

しかし、尿の採取は極めて容易であり、採取場所や時間の条件面も縛りがない。物理的にも、身体的にも負担が大幅に軽減される手法というわけだ。

がん化リスクを大幅低減。安全なiPS細胞を大量作製できる

iPS細胞作製に関しては、同社の子会社・米ステムジェント社が開発した最先端技術『次世代RNAリプログラミング』が用いられる。

今年6月、アメリカのサンフランシスコで開かれた国際幹細胞学会(ISSCR)にて発表された同技術は、iPS細胞を尿から作れる(皮膚や血液からも可能)だけでなく、「樹立効率および利便性が格段に改善・向上しているのが特徴。
同社によれば「従来法の100~1000倍の高効率で」iPS細胞を作製できるという。

また、iPS細胞作製の過程で細胞内の遺伝子組み換えが起こらず、かつ、従来技法のようにウイルスやDNAを使用することが全くないので、iPS細胞のがん化リスクを大幅に低減可能。

非常に安全性の高いiPS細胞が作製できるという点で、「再生医療に最適の技術」だと同社は述べている。

安全で高品質なiPS細胞を簡単、かつ高効率で作製する手法の確立は、iPS細胞の研究を増やし、臨床応用の可能性を広げるもの。

「病気で苦しんでいる人を助けたい」
その想いで研究を続けていると、ノーベル生理学・医学賞受賞時に話した山中教授の発見から10年の歳月を経て、iPS細胞による再生医療の実現は確実に近づいてきている。

引用・参照

http://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=277704&comment_sub_id=0&category_id=142
http://newswitch.jp/p/5827
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1384345
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1291120

リプロセル社HP https://www.reprocell.com/
12 件