NEWS

エーザイがスタートアップ・ベンチャーへのCVC開始

エーザイ株式会社が、創薬イノベーションおよびエコシステム プラットフォーム構築の加速に向け、革新的技術の発掘とそれを有するベンチャー企業の支援、将来的な提携を目的としたベンチャー投資事業を開始したことを発表しました。

 エーザイは、中期経営計画EWAY2025において、戦略的重点領域に定めた「神経」「がん」を中心とする次世代治療薬の創出をめざして、グローバルに有している創薬拠点を中心に様々なアプローチによる研究開発活動を行っています。

さらにエーザイが有する経験、ノウハウ、臨床データなどに加えて、外部のビッグデータやゲノムデータ等を活用してプラットフォームを確立し、製薬企業のほか、行政、医療機関、介護施設、診断薬開発企業、IT企業、保険会社などのパートナーと連携してエコシステムを構築することで患者や家族に新たな便益をお届けすることをめざすとしています。まずは、認知症エコシステムの確立に向けた取り組みを進めています。

この投資事業においては、神経領域およびがん領域での自社研究とのシナジー、ならびにエコシステム プラットフォームの確立をサポートする革新的デジタル技術などを有し、エーザイのコンセプトに合致するベンチャー企業を対象として、年間30億円を目処に5年間、総額150億円の枠内で投資を行うことになっています。

エーザイ投資事業は、日本におけるヘルスケア関連のエコシステムをリードすべく、東京で開始しますが、アメリカのデジタルヘルス、バイオベンチャーの2大クラスターであるマサチューセッツ州ケンブリッジおよびカリフォルニア州サンフランシスコにもサテライトオフィスを設置し、投資地域をグローバルに拡大していく予定とされています。
3 件