NEWS

大幸薬品株式会社が、日常除菌分野に参入し、ウイルス・菌を除去する衛生管理製品「クレベリン」の姉妹ブランドとして、『クレベ&アンド(クレベアンド)』を秋に立ち上げることを発表しました。

大幸薬品は、2008年に一般向け「クレベリン」を発売し、「空間除菌」という新しい除菌習慣を取り入れ、衛生管理製品事業を展開してきました。また昨年には、「クレベリン」の全面リニューアルを行い、世界的デザイナー佐藤オオキ氏のデザインオフィス「nendo」によるデザイン変更などを行っていました。

この秋スタートする新除菌ブランド『クレベ&アンド』では、「クレベリン」で培ったウイルス・菌対策の深い知見を活かし、エビデンスに基づく除菌製品を展開します。なお、読み方は、「クレベアンドアンド」ではなく、「クレべアンド」となっています。
 (12473)

■ブランド名の由来:

『クレベ&アンド』には、「クレベリン」ブランドのファミリーであるという意味と、クレベリンと一緒に(&)衛生対策を行うことで、日常生活における「安堵(アンド)」を届けたい。

■クレベリンについて

『クレベリン』は 2005 年(一般向け 2008 年)に販売を開始したウイルス除去・除菌・消臭製品ブランドです。当社の特許技術で、溶液・ゲル中に長期間二酸化塩素濃度を維持し、二酸化塩素分子のチカラで、快適な居住空間をご提供します。室内に置いて使用する置き型タイプ、気になるところにすぐ使えるスプレータイプ、携帯に便利なスティックタイプの製品を展開しています。
4 件