NEWS

新規がん温熱療法でカルテット!

公立大学法人名古屋市立大学、学校法人中部大学、第一三共株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社が、新規がん温熱療法に関するオープンイノベーション研究を開始することを発表しました。
がん温熱療法は、がん細胞が正常細胞に比べ熱に弱いという特性を活用し、細胞の加温を通じて、がん細胞を選択的に殺傷する治療法で、放射線治療、化学療法、がん免疫療法との併用可能性も期待されています。今回研究を開始する新規がん温熱療法は、がん細胞特異的に、かつ一定の温度で加温することで、安全性と有効性の向上を目指す治療法です。

第一三共の共同研究プロジェクト

この研究は、第一三共がオープンイノベーション施策のひとつとして実施している創薬共同研究公募プログラムTaNeDSにおいて共同研究を実施してきた成果をもとに、腫瘍送達能の高い磁性ナノ粒子の探索と最適化及び目的粒子を効率よく加温できる交番磁場発生装置の研究を通して、がん治療における新規がん温熱療法の実用化の検討が進められます。

この研究を行うために新会社(OiDE RYO-UN株式会社)を設立し、三菱UFJキャピタルが運営するOiDEファンド投資事業有限責任組合(OiDEファンド)から共同研究等に必要な資金が出資されます。

3年間の共同研究で予め合意した目標を達成した場合には、第一三共はRYO-UNの株式を全て買い取り、第一三共が自らのプロジェクトとして研究開発を進めます。第一三共は名市大、中部大に対し目標達成時、販売後のロイヤリティを対価として支払います。
6 件