NEWS

東和薬品株式会社と国立研究開発法人国立循環器病研究センターが、植物由来成分「タキシフォリン」の認知症予防効果に関する医学的エビデンス構築を目的とする研究を開始したことを発表しました。

東和薬品と国立循環器病研究センターは、2019年7月に国立循環器病研究センター オープンイノベーションラボ内に、健都ヘルスケア科学センターを開設し、「健康寿命の延伸を目的とした、薬物治療、疾患予防、健康維持・増進などのエビデンス構築」をテーマとした共同研究をおこなっています。

この取り組みの一つとして、「認知症および軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)の予防」を研究開発目標としておりました。

一方、国立循環器病研究センターでは、植物由来成分「タキシフォリン」の認知症治療効果に関する研究に取り組まれております。動物実験において、タキシフォリン投与により、アルツハイマー病の一因とされる老廃物「アミロイドβ」の脳血管への蓄積が抑制され、その結果、認知機能が正常に近い状態まで回復するなど、多くの研究成果を報告されてきました。
2 件