NEWS

慶應×武田 最強タッグ!?

慶應義塾大学医学部と武田薬品工業の研究グループが、AMED革新的先端研究開発支援事業の一環として、疲弊した免疫細胞(T細胞)を若返らせ、再活性化する技術を開発し、より効果的にがん治療に応用できる手法を発見したことを発表した。

がん患者からがんを治す細胞を取り出す

今回のがん治療手法は、細胞移入療法と呼ばれるもので、がん患者の腫瘍組織などから分離したがんに特異的なT細胞を、試験管の中で大量に培養し、その培養した細胞を患者の体内に再び戻すことで治療効果を期待するものとなっている。

ところが、がん細胞に集まっているT細胞は、何度も刺激を受けることで疲弊し、はたらきが落ちる恐れがある。加えて、長期間培養することでも同じことが起こる。これを患者の体内に戻しても、がん細胞を破壊する力は極めて弱く、十分な治療効果を期待することができないという問題があった。

T細胞にNotch刺激

慶應と武田の研究グループは、がんに特異的なT細胞にNotchと呼ばれる刺激を与えることで、疲弊したT細胞を活性化される前の状態に若返らせることができる技術を確立させたとされる。

この研究による新たな手法では、遺伝子の導入技術を用いることなく、がんに特異的に反応するT細胞を増やすことを可能にする。そのおかげで、早期のがん治療が達成できると期待される。さらに、免疫細胞だけでなく、他の一般的な細胞も「若返らせる」ことが可能になるかもしれないと注目される。
この研究の論文は、『Nature Communications』に「Notch-mediated conversion of activated T cells into stem cell memory-like T cells for adoptive immunotherapy」という題で発表された。
8 件