NEWS

エーザイ株式会社と生化学工業株式会社が、生化学工業が創出した変形性関節症治療剤SI-613(ジクロフェナク結合ヒアルロン酸)について、中国における共同開発及び販売提携に関する契約を締結したことを発表しました。

両社は、今回の契約に基づき、中国においてSI-613を変形性膝関節症を対象として共同開発を行います。承認取得後は、生化学工業が製品をエーザイに供給し、販売はエーザイが担当します。なお、開発費用は両社で折半し、エーザイは生化学工業に対して契約一時金と開発ならびに販売マイルストンを支払います。

変形性関節症は、加齢などの要因により、関節の軟骨が傷つき炎症を起こすことで痛みが生じる疾患であり、罹患するとQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の低下につながります。中でも発生頻度が高い変形性膝関節症は、中国での有症状患者数が約4,700万人と推計されており、今後も高齢化の進展により増加していくことが予想されています。

SI-613は、生化学工業が独自の薬剤結合技術を用いてヒアルロン酸とジクロフェナク(抗炎症薬)を化学結合した薬剤です。ヒアルロン酸による関節機能改善効果に加え、ドラッグデリバリーシステムにより徐放(薬剤の有効成分が徐々に放出されるよう調節し、治療効果を持続させること)されるように設計されたジクロフェナクの鎮痛・抗炎症作用を併せ持つことから、変形性関節症に見られる痛みや炎症を速やかに、かつ持続的に改善することが期待されます。
2 件