NEWS

ニコン×セルテクノロジー

株式会社ニコンと株式会社セルテクノロジーが、歯髄細胞を原料とした再生医療等製品に用いるための臨床用マスターセルバンク(MCB)の構築を目指し、業務提携契約を締結しました。

歯髄細胞は、従来は廃棄されてきた乳歯や親知らずなどの永久歯から簡単に採取ができるうえ、増殖力が極めて高いことから、再生医療に利用可能な幹細胞として、有力視されています。

歯髄細胞による再生医療の実用研究は、アルツハイマー病、脳梗塞などの神経疾患、心筋梗塞などの心臓疾患、糖尿病などの臓器疾患をはじめとする幅広い分野で進められています。セルテクノロジーは、再生医療のための他家移植向け細胞ソースとして、歯髄細胞を収集・備蓄しています。

歯髄細胞の供給安定化へ

ニコンの100%子会社である株式会社ニコン・セル・イノベーションは、再生医療用および遺伝子治療用細胞における前臨床試験から上市まで、幅広い受託開発・生産のサービスを提供しています。

この契約により、ニコン・セル・イノベーションは、セルテクノロジーが保有する歯髄細胞を原料とした再生医療等製品に用いるため、臨床用MCBの製造手法の開発および製造に関する業務を受託します。

両社は、GCTPおよびGMPに対応した歯髄細胞由来の臨床用MCBを用いて、研究機関および製薬企業などに対し、適切に品質管理された歯髄細胞を安定的に供給します。
5 件